<   2007年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
府立植物園の紅葉 その3
私がフウの木を気に入ってしまったように、
フウのファン?もたくさんいらっしゃるようなんですよ。
私が行ったとき「フウちゃん」て呼んた方もいらっしゃいましたし、
「あと何回フウに会えるかな?」なんて言ってた方も…。
神社に行くと、ご神木があっておまつりしてあるように、
こういう巨木を見ると、なにかこう精霊が宿っているように思うんでしょうかね。
フウの根元に立って上を眺めると、大きな懐に抱かれてるような…
なんかね、優しい気持ちになれるんです。
一年を通して、フウの姿を写し続けるのも楽しいかもしれません。^^
c0066392_18292244.jpg







c0066392_1830623.jpg




フウのすぐ側にあるモミジ。
光の当り具合で表情が変わるもんですね。




c0066392_20313748.jpg

<07.11.28,11.30撮影>
[PR]
by escabeche | 2007-11-30 20:31 | 京都府立植物園
府立植物園の紅葉 その2 フウの樹 
一昨年、初めてフウの樹を見て、その木の大きさと、
紅葉の色合いがとても優しくて大好きになりました。
うすい黄緑もあれば、燃えるような赤もあったり…
こういう大きな木の側にいると、パワーをもらえそうで力付けられるんですよね。^^
c0066392_206894.jpg





c0066392_2062625.jpg






c0066392_2064579.jpg





全体を撮ろうとすると、このくらい離れなければなりません。
真ん中の二枚は28日に撮ったもの。
上下二枚は、今日撮ったもの。
紅葉があまりに綺麗だったので、きょうは母を誘ってみました。^^
お天気も良かったし、ぽかぽかと暖かくて助かりました!
c0066392_20103975.jpg

<07.11.28、11.30撮影>
[PR]
by escabeche | 2007-11-30 20:27 | 京都府立植物園
府立植物園の紅葉 その1
せっかくの紅葉の時期なのに、どうもすっきりと晴れてくれません。
お天気が良かったのは連休くらいかな?
仕方ないですね。
植物園でも、今がちょうど見頃でした。
一昨年、去年と見逃していたので、やっと来られて嬉しかったです。

この黒い大きなムクノキの間から、あの紅葉が見えたとき、
そこだけ宝石が散りばめられたように輝いていて、なんかキドキしましたよ。
写真の100倍くらい美しかったです。(そんな写真を撮れよ!)
c0066392_20544352.jpg





池の周辺はどこもこんな感じで、とっても綺麗です。
たくさんの方が絵を描いておられましたよ。
c0066392_20574022.jpg





下に写ってる薄茶色のはハスです。
こうして、あれもこれも終わっていくんだなぁと思うと、ちょっと切ないです。
c0066392_2105955.jpg





これを見てると本当は、真っ赤な血が流れてるんじゃないかと思ってしまう。
c0066392_2125223.jpg






c0066392_20575483.jpg





植物園は、お寺とはまた違った紅葉が楽しめます。
明日はフウの紅葉をお届けします。^^
c0066392_210794.jpg

<07.11.28撮影>
[PR]
by escabeche | 2007-11-29 21:04 | 京都府立植物園
地蔵院(竹の寺)
差し込んだ光が、苔生した庭にまっすぐに伸びてとても綺麗でした。
c0066392_832933.jpg







衣笠山地蔵院 通称/竹の寺です。
まっすぐに高く伸びた竹のせいで、参道は薄暗い感じですが、
黄色く色づいたモミジや、まだ青い色を残している葉に光が射すと、
それはそれは綺麗に輝きます。
c0066392_83487.jpg







地蔵院があるあたりは、まだ紅葉が始まったばかりのようで、
12月辺りになると、もっと違う風景を見せてくれるのかもしれません。
c0066392_84120.jpg







とても静かな境内で、参拝者もちらほら。
聴こえてくるのは、小鳥のさえずりくらいです。
c0066392_841340.jpg







去年、初めてここを訪れたとき、この竹の青さとモミジの黄色の美しさに目を奪われました。
今年も同じ風景が見られて良かったです。
ずっとずっと、このままであって欲しいと思います。
c0066392_843344.jpg







地蔵院には平庭式枯山水のお庭があるのですが、残念ながら写真を撮ることが出来ません。
十六羅漢を表した石があり、お庭の中央には詫助の椿、その足元に南天。
それから山茶花だと思うのですが、薄い桃色の花を咲せていました。
派手さはありませんが、見ていてとても落ち着くお庭です。
侘びとか寂びとか…そういう表現でいいのかな?と思ったりするんですが…。
ここのお庭だったら、一日中眺めていても飽きないだろうなと思います。
仕事の合間にコーヒーを飲むように、
ここのお庭を眺めていると、気持ちのリセットで出来そうな…そんな感じがします。
c0066392_854046.jpg

<07.11.24撮影>
[PR]
by escabeche | 2007-11-28 08:06 | 地蔵院(竹の寺)
児島さんの「赤味の樹」
紅葉見物の合間に…
c0066392_22402322.jpg

圓光寺さんや詩仙堂さんのすぐ近くにある漬物の児島さん。
甘いものも好きですが、お漬物も大好き。
何かお土産になるものはないかと、お店せに入りました。
そこで見つけたのが「赤味の樹」
浅漬けのきゅうりを縦割りにして、真ん中に生姜をはさみ、
漬けたシソの葉で丁寧にくるんであります。
シソの香りが強からず、弱からず、いい塩梅です。
きゅうりの歯ごたえも爽やかで、なかなか美味しかったですよ。
[PR]
by escabeche | 2007-11-27 22:42 | 京みやげ
圓光寺 紅葉の海。。。 その3
紅葉の見事さに、思わずいっぱい撮ってしまいました。
宝泉院や詩仙堂、春の平安神宮などと一緒で、どこをとっても絵になってしまうんですね。
まだお付き合い下さる方は、ど~ぞご見て行って下さいませ。

真っ赤な紅葉の中の黄色って、すごく綺麗に見えてしまうわ~。。。
お干菓子みたい。
c0066392_11383031.jpg


More
[PR]
by escabeche | 2007-11-27 11:55 | 圓光寺
圓光寺 紅葉の海。。。 その2
京都は洛北に、ひっそりと隠れるようにこのお寺はあります。
c0066392_15263223.jpg






でも紅葉の時だけ、紅い華を咲かせます。
c0066392_15293981.jpg






水琴窟の音色は、どこまでも清らかで…
c0066392_1527638.jpg






命を終えたモミジでさえ明々と…
c0066392_15273117.jpg







栖龍池(せいりゅうち)に映る紅葉は、どこまでも美しくて。
c0066392_15313528.jpg






モミジには木漏れ日の音が聴こえているのでしょうか?
c0066392_1529888.jpg






私に聞こえるのは、小坊主さんの寝息だけ。。。
c0066392_15295543.jpg

<07.11.23撮影>

んなわけがナイや~ん!
[PR]
by escabeche | 2007-11-26 16:10 | 圓光寺
圓光寺 紅葉の海。。。 その1
予想以上にすごい色合いでびっくりしました。
まるで大奥のおんな達の中に放り込まれた気分です。(いいのか?わるいのか?)
まさに豪華の一言につきる紅葉でした。
この庭は十牛の庭と呼ばれています。
c0066392_18225779.jpg






c0066392_18231582.jpg






この日も朝から小雨まじり。
時おり、日が射して…
c0066392_18233425.jpg






圓光寺は散り紅葉でも有名らしいです。
12月になれば、真っ赤な紅葉の絨毯が見られるでしょうか。
c0066392_18235386.jpg





c0066392_1824819.jpg

<07.11.23撮影>

◇プチ学
1601年、徳川家康が足利学校の僧、閑室元佶(かんしつげんきつ)を招いて
伏見に建立し、圓光寺学校としたのが起こり。
圓光寺版と呼ぶ図書も出版、当時の木活字が現存する。

[PR]
by escabeche | 2007-11-24 18:29 | 圓光寺
南禅寺 山門 その2
ひつこく南禅寺が続いてしまいましたが、これで終わりです。^^;
この山門の柱の間から見る参道が、額縁の中の絵のようで好きな構図です。
c0066392_705519.jpg






c0066392_6582926.jpg







c0066392_6585763.jpg







c0066392_6591324.jpg

<07.11.22撮影>
この山門は、寛永5年(1628) 藤原高虎公が大阪夏の陣の戦没者慰霊のために
寄進建立されたものだそうです。
楼上に釈迦尊像や十六羅漢像が安置されてるんですが、
そこの内部の絵が狩野探幽、土佐徳悦の合作なのだそうです。
長い年月がたって色褪せてますが、これが極彩色だったら、
さぞかし綺麗だろうなあと思いました。
公開はされておらず、小さな窓からしか覗けないのが残念です。
[PR]
by escabeche | 2007-11-24 07:20 | 南禅寺/天授庵
南禅寺 水路閣
この日は小雨模様だったので、少々画面が暗いですが…
水路閣の辺りも見頃を迎えていました。
小さいけれど、真っ赤に色づいたモミジがひときわ目立った存在でした。
それにしても、この水路閣を見たとたん、
「あ~っ!火曜サスペンス劇場!」と言ってる人が何人もいましたよ。
それくらいよく使われるロケ地ですね。
でもね、ここ居たかと思うと、次の場面では嵐山を走ってたりするから驚きます。
どこでもドアでも持ち歩いてるんかい?
c0066392_7355014.jpg







c0066392_7361860.jpg







c0066392_7363184.jpg






本堂裏の紅葉。
ここも写真撮影に人気の場所でした。
散ったモミジの葉を大切そうに持ち帰る人も…。^^
c0066392_7365120.jpg

<07.11.22撮影>
[PR]
by escabeche | 2007-11-23 07:59 | 南禅寺/天授庵



The key to success is starting and not stopping.言うは易し行うは難し。でも、まっ、取り合えず一杯いっとこか~。
by escabeche
★ご協力下さい!
■吉川友梨ちゃん
行方不明事件!



■事件の詳細は画像を
クリックして下さい。
「吉川友梨ちゃん捜索の輪」
リンクしています。

大阪府熊取町立北小学校4年生、吉川友梨ちゃんが2003年5月下校途中
行方不明。現在に至るまで有力な情報がありません。どんな些細なことでも結構です。何かお心あたりの方は、大阪府泉佐野警察署にご連絡を!

072-464-1234

+-----------------+

■ご存知ですか?
ハートプラスマーク




内部障害者・内部疾患者の
方々に思いやりの心を!

+-----------------+

■いろいろ報告・岩国
・横山・錦帯橋


■京の四季

■Dunzhi.photolog


★人気blogランキングへ★


◇メールはこちらへ◇

◆リンクフリー@大歓迎◆


お気に入りブログ
今夜もeat it
what's toy m...
パンダから君へ
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
candlevoiceの日常
「旅人主義」-slow ...
薬膳のチカラ
カテゴリ
全体
吉川友梨ちゃんを探しています





京みやげ
食べ物
風景
京のお店
祭り/行事
その他
嵐山周辺
安楽寺
三千院
圓光寺
円通寺
岡崎辺り(琵琶湖疎水)
海津大崎(滋賀県)
加茂川・鴨川
北野天満宮
勧修寺
京都駅
京都御苑
京都府庁
京都府立植物園
清水寺・清水辺り
祇王寺
源光庵
光悦寺
高山寺
光明院
金戒光明寺
嵯峨野
詩仙堂
実光院
常寂光寺
下鴨神社
白川・祇園
白川・行者橋
相国寺/他
地蔵院(竹の寺)
浄住寺
上品蓮台寺
水火天満宮
雪舟寺
千本釈迦堂(大報恩寺)
退蔵院
高雄・神護寺
醍醐寺
智積院
長建寺
寺j町通
東福寺
梨木神社
南禅寺/天授庵
二尊院
ねねの道・石塀小道
平野神社
伏見・酒蔵
平等院
平安神宮
法金剛院
宝厳院
保津峡
先斗町
三室戸寺
無鄰庵
明倫小学校(旧)
八坂庚申堂
祐正寺
善峯寺
落柿舎
蓮華寺
廬山寺
六角堂(頂法寺)
美術鑑賞
泉涌寺
野村別邸
釣り日和
滋賀県
岐阜県
黄梅院(大徳寺塔頭)
興臨院(大徳寺塔頭)
高桐院(大徳寺塔頭)
背割堤
隋心院
藤森神社
福井県
法輪寺(達磨寺)
秋-京都 08’
Personal
宝泉院
化野念仏寺
未分類
以前の記事
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧