<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
北斎と広重展
北斎と広重展を見に京都文化博物館へ行って来ました。
c0066392_21511739.jpg





京都文化博物館は明治39年に日本銀行京都支店として建てられたもので、
今は文化博物館の別館として扱われており、本館は昭和63年に新しく建てられ、
別館と本館は渡り廊下で繋がっています。
c0066392_21462496.jpg




いつも本館しか入ったことがなかったので、きょうは別館にも…。
重厚な素晴しい建築に、思わず見入ってしまいました。
たぶんここは受付カウンターだったのでしょう。
c0066392_21465979.jpg




この日は室内合奏団の演奏会をやってました。
どなたでも無料で鑑賞できるようでした。
こんなところでちょっと音楽に耳を傾けるのも贅沢な感じだなぁと思いました。
c0066392_21472855.jpg



で、肝心の「北斎と広重展」ですが…。
あまり北斎と広重とを比べたこともなくて、
単に「浮世絵師」として同列にしか見てなかったのですが、
見比べると違うもんですね。
私は北斎の方がずっと好きだなぁと実感しました。
大胆な構図も好きなんですけど、とにかく線がシャープでスピード感があって。
浮世絵なので彫師は別にいるわけだから、北斎が描いた絵(線)より
ずっとシャープさが無くなってても不思議はないのに、それが感じられない。
それとももっとすごい元絵だったのかしらん。
人物は広重の方がずっと表情豊かなんですけど、
北斎の描く人物の骨格がいいんです。
筋肉質な感じがとっても好き。
特に膝から下がね。(私もヘンな見方してますね・苦笑)
浮世絵だから大きさに制限があるんでしょうけど、
富獄三十六景って意外と小さなサイズなんですね。(横が40センチくらい)
でもそんなことを感じさせないくらい広い世界ですよね。
とにかく目線が高い。
俯瞰図ってやっぱり気持ちいいなぁと思いました。
肉筆浮世絵が展示してあるっていうので期待してたんですど、
そっちの方は点数が少なくて、ちょっと物足りませんでした。

しかし凄い人出で、ほとんど止まってる状態。
2時間かかっても最後まで辿り着けず、かなり疲労してしまいました。^^;
[PR]
by escabeche | 2006-07-30 21:55 | 美術鑑賞
松彌さんの「ふうりん」
c0066392_2317613.jpg

なんとも言えない可愛らしさについ注文してしまいました。
白餡がお餅で包んであります。


後姿?が妙に可愛かったので、思わずパチッ。
c0066392_23172495.jpg

[PR]
by escabeche | 2006-07-27 23:23 | 京みやげ
松彌さんの「うちわ」
c0066392_20251531.jpg

松彌さんのガラスケースを眺めながら、どのお菓子を選ぼうか
可愛いお菓子を前に、正直ずいぶん迷ってしまいました。
どのお菓子をとっても、綺麗だったり、可愛かったり…。
職人さんの遊び心が伝わってきて、こっちまで楽しくなりました。
これは見てのとおり「うちわ」
鮎の模様でしょうか。
涼しげな感じが伝わってきます。
薄い上用の皮に中はこし餡です。
なんだか食べるのがもったいなくなってしまいます。
[PR]
by escabeche | 2006-07-25 20:32 | 京みやげ
松彌さんの「花火」
c0066392_15212742.jpg

昨日に引き続き、松彌さんの「花火」
かまぼこの形をしていて、下の部分が羊羹で上が寒天です。
全体に散らされた金箔が華やかで、まさに花火を思わせます。
食べるのがもったいなくて、じぃ~と見入ってしまいました。
[PR]
by escabeche | 2006-07-24 15:30 | 京みやげ
松彌さんの「金魚」
c0066392_18242174.jpg

夏らしいお菓子を。
「金魚」が欲しいときは予約を入れた方が確実らしいんですけど、
あいにく電話が大嫌いなもんで…^^;
お昼過ぎに覗いたら、一個だけならあるとのことで戴きました。
寒天で出来た錦玉です。
一番下の層だけが涼しげなブルーの寒天になっています。
金魚と藻は羊羹かな?(食べ終わってから、よく味わってないのに気が付きました)
この時期らしく梅酒風味です。
私の好みとしては、もう少しすっぱくてもいいなあ~なんて思いました。
作る職人さんも楽しそう。(想像ですけど)
[PR]
by escabeche | 2006-07-23 18:24 | 京みやげ
かるやき
c0066392_16525419.jpg


c0066392_1653588.jpg


「かるやき」 ご存知ですか?
お祭りの露店では定番で、カルメラやべっこう飴と一緒に売られています。
(漫画じゃりんこチエに出てくるのは、カルメラ屋さん)
私は全国区のお菓子かと思っていたのですが、
近畿圏の友達が知らないというので、意外に思いました。
たぶん発祥は大阪だと思うんですが…
北海道の方は知ってます?
九州の方は食べたことあります?
う~ん 最近 気になってることのひとつです。

砂糖を煮溶かしてきつね色に煮詰めたら、重曹を入れ(たぶん)
鉄板の上にトロッと流して、ホットケーキのようになった真ん中に
割り箸を寝かせて、半分に折りたたんだら出来上がりです。
ほろ苦くて、カリカリしてて、あま~いお菓子なんですけど…
[PR]
by escabeche | 2006-07-20 16:49 | 食べ物
山鉾巡行
今まで何回山鉾巡行を見たか覚えてませんが、
こんなに雨に降られた祇園祭りは初めてです。
お祭りの順延はないので、ほんとにお気の毒としか言いようがありません。
朝からのすごい雨に、今年は行くのをやめようかと思ったのですが、
何か忘れ物をした気分になりそうなので、少しだけ見に行って来ました。

むかしむかし、疫病が流行ると、たくさんの人が亡くなりました。
特に鴨川が氾濫する梅雨時にもなると、その被害は深刻でした。
疫神は美しいものや、珍しいものに集まってくると考えられ、
町内ごとに神を祭り、山鉾を飾り立て、
巷に巣くう疫神を一箇所に呼び寄せ、退治しようと考えられたそうです。
今でも巡行が終われば、鉾はすぐに解体され蔵にしまわれます。
そのままにすれば、せっかく集まった疫神が再び拡散してしまうからです。

祇園祭が終わると、長かった梅雨も終わりです。
今年も酷暑がやって来ます。
c0066392_11505641.jpg


c0066392_12173974.jpg

各鉾ごとに雨傘までお揃いを用意されてることを、初めて知りました。エライなぁ!

【17日の京都の気温 最高25.4℃ 最低21.2度】
[PR]
by escabeche | 2006-07-17 12:22 | 祭り/行事
鱧祭り
きょうは、お稚児さんが「お位」を授かる「社参の儀」だったそうで、
「お位返しの儀」が終わる17日まで神様の使いとされ、
お稚児さんは、地面に足をつけることも出来ないそうです。

「お稚児はんにならはったら、お母はんの作らはるご飯も 食べられへんのんえ~」
と、よく母が言ってました。
身のまわりのお世話は、男の人がされるようです。

話は変わって、祇園祭りは別名「ハモ祭り」と言います。
ハモは生命力が強くて、海から遠い京都でも食べることが出来た
数少ない魚だったために、この時期にハモを食べる風習が出来たのでしょう。
うちの母はまったくと言っていいほど祇園祭に感心がないのですが、
ハモには目がありません。
そんなわけで、今夜は母のおごり…

c0066392_19335337.jpg

[PR]
by escabeche | 2006-07-13 19:35 | 祭り/行事
ピッツェリア アルフォルノ
かねてから行きたかったピザ専門店、
ピッツェリア アルフォルノというところへ行って来ました。

色とりどりのタイルが貼り付けてある、可愛い窯で焼いてくれます。
c0066392_20382992.jpg





こちらは水牛のモッツァレラとミニトマトのピザ。
トマトの酸味がよくきいてて、トマト好きの私にはGood。
水牛のモッツァレラが、今回一番食べたかったんです。
独特のシコシコとした歯ごたえがたまらな~い。
あっ!そうそう、生ハムのピザも食べたかったんですけど、ありませんでした。(泣)
c0066392_20215395.jpg




こっちはアンチョビ、カルチョッフィ、オリーブ、モッツァレラのピザ。
味はこちらの方が濃厚なので、かなり満足。
アンチョビって、こんなに美味しかったっけ?
c0066392_2024527.jpg




デザートのチョコケーキと蜂蜜のパンナコッタ。
ピザの後のチョコケーキは正直食べ過ぎ。(苦笑)
パンナコッタって初めて食べましたけど、こんな味なんですね。
ただのプリンかと思ってましたけど、ミルクが濃厚で美味しかったです。
c0066392_20292156.jpg

c0066392_20293369.jpg




鴨川の疎水沿いにあるお店なので、二階からの眺めもいいですよ。^^
c0066392_20433796.jpg

[PR]
by escabeche | 2006-07-12 20:44 | 京のお店
三条若狭屋さんの「やさか餅」
c0066392_1735383.jpg

竹皮に包まれてあって、5つのお餅が入っています。
c0066392_17355074.jpg

祇園祭の時期だけに売られる「やさか餅」
求肥が焼き皮に包まれていて、
八坂神社の神紋である「木瓜」と「三つ巴」の焼印が押してあります。

「祇園祭の間、鉾町の人はキュウリを食べはらへんのぇ~」と、
母がよく言ってたのを思い出します。
キュウリを輪切りにしたときの切り口が、神紋の「木瓜」と似てるからだそう。

求肥が焼き皮に包まれているお菓子に、調布や焼きあゆがありますが、
形は違えど、同じものだと思います。
私の好みとしては、求肥のもちのち感と同じように、
焼き皮ももちもちしていて欲しかったのですが…。
まぁ、それは人それぞれ好みが違いますから、仕方ないですね~^^
でも、お祭り気分をいやでも盛り上げてくれる、
和菓子の演出っていいなぁと思いました。
[PR]
by escabeche | 2006-07-11 17:40 | 京みやげ



The key to success is starting and not stopping.言うは易し行うは難し。でも、まっ、取り合えず一杯いっとこか~。
by escabeche
★ご協力下さい!
■吉川友梨ちゃん
行方不明事件!



■事件の詳細は画像を
クリックして下さい。
「吉川友梨ちゃん捜索の輪」
リンクしています。

大阪府熊取町立北小学校4年生、吉川友梨ちゃんが2003年5月下校途中
行方不明。現在に至るまで有力な情報がありません。どんな些細なことでも結構です。何かお心あたりの方は、大阪府泉佐野警察署にご連絡を!

072-464-1234

+-----------------+

■ご存知ですか?
ハートプラスマーク




内部障害者・内部疾患者の
方々に思いやりの心を!

+-----------------+

■いろいろ報告・岩国
・横山・錦帯橋


■京の四季

■Dunzhi.photolog


★人気blogランキングへ★


◇メールはこちらへ◇

◆リンクフリー@大歓迎◆


お気に入りブログ
今夜もeat it
what's toy m...
パンダから君へ
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
candlevoiceの日常
「旅人主義」-slow ...
薬膳のチカラ
カテゴリ
全体
吉川友梨ちゃんを探しています





京みやげ
食べ物
風景
京のお店
祭り/行事
その他
嵐山周辺
安楽寺
三千院
圓光寺
円通寺
岡崎辺り(琵琶湖疎水)
海津大崎(滋賀県)
加茂川・鴨川
北野天満宮
勧修寺
京都駅
京都御苑
京都府庁
京都府立植物園
清水寺・清水辺り
祇王寺
源光庵
光悦寺
高山寺
光明院
金戒光明寺
嵯峨野
詩仙堂
実光院
常寂光寺
下鴨神社
白川・祇園
白川・行者橋
相国寺/他
地蔵院(竹の寺)
浄住寺
上品蓮台寺
水火天満宮
雪舟寺
千本釈迦堂(大報恩寺)
退蔵院
高雄・神護寺
醍醐寺
智積院
長建寺
寺j町通
東福寺
梨木神社
南禅寺/天授庵
二尊院
ねねの道・石塀小道
平野神社
伏見・酒蔵
平等院
平安神宮
法金剛院
宝厳院
保津峡
先斗町
三室戸寺
無鄰庵
明倫小学校(旧)
八坂庚申堂
祐正寺
善峯寺
落柿舎
蓮華寺
廬山寺
六角堂(頂法寺)
美術鑑賞
泉涌寺
野村別邸
釣り日和
滋賀県
岐阜県
黄梅院(大徳寺塔頭)
興臨院(大徳寺塔頭)
高桐院(大徳寺塔頭)
背割堤
隋心院
藤森神社
福井県
法輪寺(達磨寺)
秋-京都 08’
Personal
宝泉院
化野念仏寺
未分類
以前の記事
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧